「ピースリング・オブ・グアム」は1998年、南太平洋戦争戦没慰霊塔の清掃と供養をする事から始まりました。毎年年2回の定例清掃会を行い、2005年11月に法人としてグアム政府から認可を受けました。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
沖縄、64年目の祈り 慰霊の日
2009-06-23 Tue 19:40
沖縄、64年目の祈り 慰霊の日


 第二次大戦末期の激しい地上戦の舞台となった沖縄戦から64年の「慰霊の日」を迎えた23日、最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」(沖縄県主催)が開かれ、麻生太郎首相ら約4500人が参列して20万人以上という犠牲者の冥福を祈り、平和を誓った。

 追悼式では正午の時報を合図に黙祷(もくとう)をささげ、遺族代表らの献花の後、仲井真弘多知事が「沖縄戦の実相と教訓を胸に刻み、平和を希求してやまない『沖縄のこころ』を礎に、世界の恒久平和の確立を目指す」と平和宣言した。

 麻生首相はあいさつで「今日の日本の平和と繁栄が、戦没者の尊い犠牲の上に築かれているということを忘れたことはない」などと述べた。さらに地元から要望が強い不発弾対策にも触れ、「いまだ多くの不発弾が埋没していることを心に刻まなければならない。県民の不安を解消すべく『不発弾等対策安全基金』を設置したが、対策を着実に推進する」とした。

 これに先立ち、南城市立大里小6年の比屋根憲太君(11)が、姉を亡くした祖母の体験をもとにした自作の詩「平和のいのり」を朗読した。

産経新聞より


にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 戦史(古今東西)へ
↑↑ その他にもこちらからお入りください! ↑↑
関連記事
別窓 | 戦争の傷跡 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<大切な人が眠る島・グアム | 平和の輪をつなごう「ピースリング・オブ・グアム」 | グアム修学旅行と平和学習>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


[糸満市 不発弾 不発弾]
不発弾:250キロ爆弾にショベルがゴツン! 南風原で「あわや」 &lrm;2009&#24180;12&#26376;8&#26085;&lrm; 信管も付いている。南風原町役場の職員は「周囲は軟らかい土で爆破の衝撃を受けとめるものがない。もしショベルが信管に当たっていたら、糸満市以上の事故に …
| 平和の輪をつなごう「ピースリング・オブ・グアム」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。